1984年生まれのサッカー選手10傑!|グループ'84

1984年生まれのサッカー選手は、2016年現在32歳。各国の代表やクラブチームでキャリアの最盛期を迎えています。調べてみると、1984年生まれのサッカー選手は現在世界で大活躍している凄い選手が名を連ねています。意外なあの選手とあの選手とあの選手も同級生!? という面白い発見も!ぜひチェックしてみてください!!

*

アンドレス・イニエスタ(1984年5月11日生)はどんなサッカー選手か|1984年生まれのサッカー選手

      2016/12/21

◆アンドレス・イニエスタ(1984年5月11日生まれ)の凄さ

名選手の多い1984年生まれで1番ではないかと思わせる選手がアンドレス・イニエスタです。この人はサッカーの歴史を変えたと言ってもいいくらいのことをしたのではないでしょうか。

2010年南アフリカワールドカップ決勝のオランダ戦では延長後半11分に決勝ゴールを決めスペインを見事優勝に導きました。彼のプレースタイルはバルセロナ仕込みのパスセンスあってのものです。

2008年にスペインがユーロを制したあたりからパスサッカー、もしくはポゼッションサッカー(自分たちがボールをキープする時間を長くするサッカー)が確立され、「美しいサッカー」と呼ばれるようになりました。

さらにこのスタイルが世界サッカーの最先端を行くようになり(実は私このパスサッカーもしくはポゼッションサッカーが好きではないのですが)日本のプロチームから小学生のチームに至るまで浸透させるなどサッカースタイルの主流になりました。話は戻りますがこのパスサッカーの中心にいたのがアンドレス・イニエスタであったことは間違いありません。

◆アンドレス・イニエスタの知名度について

サッカーファンなら誰でも知っているアンドレス・イニエスタですが逆を言うとサッカーファンでなければ知らないと思います。サッカーファンじゃない人がサッカー選手を知らなくても当たり前でしょと思われるかもしれませんが、三浦知良、中田英寿、本田圭佑なんかはサッカーファンでなくても知っていますよね。

もちろんそれは日本人選手だからということもありますが、では世界の選手で見てみるとリオネル・メッシやクリスチアーノ・ロナウドと言ったらどうでしょう。

「あっ知ってる」もしくは「聞いたことある」という風な声が上がりそうですね。アンドレス・イニエスタもそうなりえたのです。

しかしなっていない。なぜか。

私はバロンドール受賞を逃したところにあると思います。バロンドールとは簡単に言えば「世界一のサッカー選手の称号」で毎年選出されます。

アンドレス・イニエスタは2010年にノミネートされましたが獲得に至っていません。ここで獲得していたら知名度はもっと上がったでしょう。とにかくそれほど優れた選手だったということです。

◆「日本人は身体が小さいから」というセリフが言えなくなる

最後にアンドレス・イニエスタの身体について簡単に紹介したいと思います。データ上171センチということになっていますが実際はもう少し低いでしょう。恐らく160センチ台です。

メッシ同様小柄です。よく「フィジカルで劣っているから」なんて言う言い訳をしますがそんな言い訳ナンセンスなのです。

フィジカルはもちろん大事ですが、「フィジカルが、フィジカルが」と負ける理由をフィジカルのせいだけにする選手はアンドレス・イニエスタのプレーを見ろと言いたくなりますね。

 - 未分類