1984年生まれのサッカー選手10傑!|グループ'84

1984年生まれのサッカー選手は、2016年現在32歳。各国の代表やクラブチームでキャリアの最盛期を迎えています。調べてみると、1984年生まれのサッカー選手は現在世界で大活躍している凄い選手が名を連ねています。意外なあの選手とあの選手とあの選手も同級生!? という面白い発見も!ぜひチェックしてみてください!!

*

長谷部誠(1984年1月18日生)はどんなサッカー選手か|1984年生まれのサッカー選手

   

◆長谷部誠(1984年1月18日生まれ)のここが凄い!

世界的に見ても名サッカー選手が多い1984年ですが、日本の1984年生まれと言ったらやはり長谷部誠でしょう。サッカーファンはサッカー日本代表のキャプテンとして知らない人はいないのではないでしょうか。

長谷部誠は浦和レッズでキャリアを積みドイツへ行きました。私は、最初長谷部は海外では活躍できないと思っていました。

というのもテクニックはあるけど我が強いタイプではないからです。しかし長谷部誠が目を付けたのがドイツです(もしくはドイツのチームが長谷部に目を付けたという方が正しいかもしれませんが)ドイツのチームは日本に似た気質があり長い目で選手を見ることができるという性質があります。

そのためすぐに結果が出なくても「こいつは長年やっていれば結果を出す」と思われれば使い続けられるのです。

長谷部誠はこのシステムにうまくマッチし、自身を一番高く買ってくれているドイツでプレーし続けています。そしてさらにそこからプレミアやセリエなどに行かず常に出場機会が与えられるチームでプレーする堅実さがあります。

そういったヴィジョンを明確に作り上げるところが長谷部の凄いところであり成功した所以と言えるでしょう。

◆見習うべきサッカー選手像

長谷部誠にはずば抜けてこれが凄いといったものはありません。しかし堅実なプレーをするし、何より立ち位置がいいんです。簡単に言えばポジショニングがいい。

スピードがあってもスタート位置が悪かったら意味ないですよね。しかし長谷部誠の場合はそのスピードが足りない分(と言っても遅いというわけでもない)スタート位置で補っているんです。またパスもシュートも超一流ではないのにすべてが平均値以上のため「困った時の長谷部頼り」ができるのです。

野球に置き換えるとホームランを打てる4番バッターじゃないけど、バントができたり流し打ちができたり、フォアボールを選ぶことができたり。

とにかく敵からしたら「地味にいやな奴だな」と思わせることができるのです。目立たないけど気づいたら成績を積み上げていたというタイプです。

「自分には取り柄が無い」というサッカー少年は彼のプレーを是非参考にしてください!

◆長谷部は日本最高のユーティリティープレイヤー

サッカーをあまり知らない人はポジションの役割について攻める人、守る人と分けることが多いと思います。しかし実は違います。

もちろんそれもありますが、サイドにいるかセンターにいるかという方がタイプが分かれるのです。サイドにいる選手は大体スピードがある選手、センターにいる選手はうまい選手ということが多いです。

つまりボランチをやる選手というのはセンターバックをしたり、ゲームメーカーをしたりという方がタイプ的に合うのです。しかし長谷部はサイドもこなす、センターもこなす。

(ある試合でキーパーが退場になりキーパーをしたなんて言うこともありますが)とにかく彼のユーティリティーぶりは日本最高と言っても過言ではないでしょう。

 - 未分類